ガソリン店頭価格 2週ぶりに値下がり

2019年07月19日

資源エネルギー庁が18日に発表した16日時点のレギュラーガソリンの店頭価格(全国平均)は1リットルあたり145.6円と前週より0.2円安く、2週ぶりに値下がりした。
元売り各社が前週に卸値を引き下げ、店頭価格に普及したかたちだ。ただ、中東情勢の緊迫を背景にした原油調達コストの値上がりを受け、来週は値上がりが予想される。

軽油は前週比0.2円安い1リットルあたり126.6円、灯油は91.1円と前週から0.1円安く推移している。

株式会社B.u(かぶしきがいしゃびーゆー)は高速道路や燃料費等、輸送費に特化した経費削減のご提案をしております。※格安の法人向けガソリンカード・ETCコーポレートカードはお任せ下さい 。

お問い合わせ・削除依頼はこちら